MENU

CLOSE

ピジョン「葉酸プラス」で妊活

ピジョン「葉酸プラス」で妊活

73views

カテゴリ:体験談

私は25歳で結婚しました。結婚して2ヶ月後に妊娠がわかり喜んだのもつかの間、すぐにお腹の赤ちゃんが成長していないことがわかりました。

初めての妊娠で早期流産ということで手術となり、とても辛かったです。流産の手術後は小さな赤ちゃんや妊婦さんを見かけるだけで涙が出たり、悲しい気持ちになっていました。周りの人はほとんどが順調にお腹の赤ちゃんが成長していくのにどうして私だけ…とネガティブなことばかり考えていました。その後、ネガティブな気持ちのまま次の妊娠を希望していたので産婦人科の方でタイミングをみてもらったり、定期的に通っていましたが、すぐには妊娠できませんでした。

半年ほど経ち、ふと「妊娠のことばかり考えてるなぁ…」と気づき、それではいけないような気がしました。そこで、「とりあえず好きなことをしよう」と考えました。そして結婚前からしていたデザイン関係の仕事を探し、会社へ出るようになりました。

仕事をしながら赤ちゃんがきてくれるように身体のコンディションも整えていきました。まず規則正しい生活、毎朝の基礎体温の計測をして自分の身体のリズムを知るようにしました。そして「葉酸」です。ドラッグストアでいろいろと物色して、ピジョンの「葉酸プラス」を購入しました。ピジョンは、ベビー用品などもいろいろ出しているので安心感がありました。

パッケージも優しいイメージで手に取りやすかったです。毎日葉酸を飲むことが習慣になり、妊娠に直接つながらなくても女性の身体には必要なものだから無駄にはならないはず!と思って続けました。相変わらず赤ちゃんはきてくれませんでしたが、その間主人ともいろいろな所にでかけたり美味しいものを一緒に食べたりして二人の時間を大切に過ごしました。すると、ネガティブだった気持ちがすこしずつ明るくなっていきました。

あと、葉酸を飲む他にした妊活は、「ルイボスティー」です。これも妊娠に効果があったり肌がきれいになったりと女性の身体には良いというのを聞いて合わせて飲んでいました。葉酸とルイボスティーが習慣化してきた頃には赤ちゃんのことばかり考えていた自分はどこかにいっていました。体調もすごく良くなり、とても調子が良かったです。

そんなある日、生理が遅れていることに気づき、検査薬を使うと陽性!すごく嬉しかったです。でもまたすぐに流産ということも頭をよぎりました。お腹を冷やさないように、すぐに毛糸のパンツをはきました。葉酸も、いつも以上に思いを込めながら飲みました。

そして産婦人科での検診の日、「赤ちゃんの心臓、元気に動いていますよ!」と先生が言ってくれました。夫婦で大喜びしました。妊娠中も葉酸は欠かさず飲み、赤ちゃんはお腹の中ですくすく成長し、無事ママになることができました。初めての妊娠で流産し、もう妊娠できないかもしれないと諦めそうになることもありましたが、今では私も二児のママです。妊活は精神的にも身体的にも辛いことがありますが、サプリで身体のコンディションを整えることはとても大事だと思います。

その中で、夫婦で無理することなく楽しくポジティブな気持ちで過ごすということも大事だと実感しました。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事