MENU

CLOSE

妊活を2年

妊活を2年

40views

カテゴリ:体験談

2年ほど妊活を行い、現在妊娠中です。とりあえず妊活中に行ったことは、基本だとは思いますが基礎体温を測ること、葉酸のサプリを摂取すること、妊活アプリをもとに排卵日頃に行為を頑張ることでした。当時はその基本的な妊活だけではなかなか出来ず、かなり妊娠検査薬を無駄にしたり、基礎体温に一喜一憂したりしていました。

行為後に逆立ちみたいな体勢をしてみたりもしていました。そろそろ病院に夫婦で行くべきかなと思っていた時に、市から子宮がん健診のお知らせがきたので、とりあえず一人で産婦人科に行き、まずは妊娠がうまくいかないことを相談することにしました。

するとがん検診の内診の時にもう今月の排卵は終わっていると言われたのです。その時、生理が終わって1週間後のことでした。そこで私はもしかしたら自分は生理が終わってから排卵がくるまでの期間が短いのかもしれないと思いました。私の場合、基礎体温は測っていましたが、測り方が悪かったのか排卵日がわかりにくいグラフでした。

そこで行為を行う日を生理が終わった翌日から行うことにして、精子を体の中で待機させることにしました。そしてそれを初めてから数ヶ月目で妊娠しました。私は排卵日は一般的な言われている日数で来ているわけじゃないかもしれないということに病院に行かなければ気づかなったと思います。生理の周期はきっちりしていたので、排卵日も基礎体温表がちょっと分かりにくくても、アプリも見ているし大体の日程は合っているだろうと決めつけてしまっていました。

生理自体はアプリの生理日予定の前後にはきていたので、より思い込んでしまっていたのだと思います。それとこれが妊娠できた原因かなと思うことに、偶然かもしれませんが妊娠したであろう期間に私はちょうど風邪をひいてしまい、2~3日仕事を休んで寝ていました。私の個人的な見解ではありますが、妊活中は体を温めた方が効果的だとは言いますが、この時はちょうど冬だったので、寝ていたことによって体が温められてより妊娠につながったのではないかと思っています。

それと効果があったであろうと思うことは、体重が5kg増えたことです。知人に痩せていたら妊娠しにくいよと言われたのであえてダイエットはせずにそのままにしていました。太る前はBMI値や体脂肪は標準よりも下回っていましたが、5kg太ったことによって標準になっていました。痩せ過ぎていていたら脂肪が少なくて体の中が温まりにくいのかなと思います。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事