MENU

CLOSE

半年間苦労した涙の不妊治療体験

半年間苦労した涙の不妊治療体験

43views

カテゴリ:体験談

私は結婚してすぐにでも子供が欲しかったのですがなかなか子供を授かることが出来ませんでした。生理も不順だったので近くの産婦人科でエコーをしてもらった所、多嚢胞卵巣症候群であることが分かりました。

この病気は卵巣内の卵胞が通常よりもたくさんある為に排卵が遅くなったり、通常1つの卵子が育つところに幾つかの卵胞がある為育ちが悪く、受精しずらい卵子となってしまう不妊を代表する卵巣の病気でした。

私はすぐさま不妊治療を始めました。初めはクロミッドという排卵誘発剤を飲みましたがなかなか卵胞が育ちませんでした。卵胞を育てるHMG注射と排卵させるHCG注射も追加しましたが多嚢胞卵巣の特徴である5つの卵子が同時に育ってしまい先生にもし全部受精した場合5つ子になる可能性があると言われましたが結局は妊娠に至りませんでした。

何回か同じようなホルモン治療を繰り替えしましたが妊娠に至らず副作用で腹水が溜まったりもして徐々に私は精神的に不安定になっていき生理が来るたびに泣いていました。そんなとき先生に体外受精も考えた方が良いと言われ、不妊治療専門の病院を紹介されて通うことになりました。

そこは夫婦でやっていて、出産対応もしていて夫が産婦人科担当の院長で妻が不妊治療担当の副院長という夫婦経営の病院でした。家と病院が1つになっていて外観は洋風な作りの大きく綺麗な病院でした。私は絶対この病院で妊娠、出産したいと思いました。

最初は色々検査をして中でも卵管検査は麻酔せずにやった為悶絶するほど痛かったです。検査結果は正常でしたが卵管の中に造影剤を入れて卵管の通りを検査するのですが、検査をするだけで卵管が綺麗になって妊娠の確立が少し上がるみたいです。女医の先生に診て貰った所多嚢胞卵巣は体外受精が適応なんだけどこの病気にはフェマーラが効く人が多くて私はフェマーラつまり、閉経後乳癌治療薬ですぐに妊娠すると思うよと言われてビックリしました。

フェマーラは乳癌の薬なので不妊治療に使う場合保険適応外ですが今はジェネリックも出ているので割と安く買えます。乳癌の薬なんて飲んで大丈夫なのかと思いましたが、転院する時に体外受精も考えていたので薬のみで妊娠出来るならと思い先生に身を委ねました。するとフェマーラを飲み始めて早速、卵胞が綺麗な形で1つだけ育っているのをエコーで初めて見ました。

1度だけHMG注射も追加して排卵後は妊娠ホルモンを足すジュリナとプロゲストンを服用したなんとその1発で妊娠出来たのです!私は夫と泣いて喜びました。フェマーラは不妊治療に使われていることが余り知られていない病院が多いようで私は自分の様に悩んでいる人に是非フェマーラが知られて広まったら良いなと思います。あと私は赤ちゃんを授かるまで半年間の不妊治療期間でしたが、不妊治療は先生の腕にもよりますが置いてある薬も全然違うのでちゃんと専門の病院へ診て貰う事をお勧めします。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事