MENU

CLOSE

夫婦の協力が大事

夫婦の協力が大事

31views

カテゴリ:体験談

妊活開始から妊娠判明まで1年でした。タイミング法5回、人工授精5回、顕微受精のための採卵2回、1回目の胚盤胞移植にて妊娠しました。人工授精5回目までは、クロミッド、セキソビット、フェマーラ等の薬を服用し、排卵前にHCG注射で排卵を促す方法をとっていました。

しかし結果は出ず、毎月くる生理に落ち込む日々でした。医師に指示された夫婦生活にプレッシャーを感じて夫婦間はギクシャクしてしまいました。友人たちの妊娠、出産を素直に祝えない自分に嫌気がさしていました。

もともと生理不順だったので、何かしら不妊の原因は自分にあると思い、初めは私のみ通院していましたが、医師の提案で主人の精液検査をすると、数が少ない、運動率も低い状態で夫婦両方に原因があると判明しました。急ぐなら顕微受精に早くステップアップしたほうがよいと勧められ、費用の工面など不安はありましたが、共働きであることと、このままギクシャクするよりは良いと思いきって専門クリニックに転院しました。

ここまできたら医療の力ですぐ妊娠できると思っていたのですが、転院前まで休むことなく投薬を続けていた私の身体は弱っており、初回の採卵では受精卵が育たずに終わりました。焦りとショックを隠せませんでしたが、3ヶ月の休養中にピルの服用指示はありましたが後の採卵で、無事移植でき、妊娠判定をいただきました。転院してから5ヶ月後でした。

診察室で結果を聞いたときは、喜びが爆発するというよりは、気が抜けたという表現の方が合っていたと思います。毎日の注射や診察、採卵、移植のために通院回数や遅刻、早退、欠勤が増えるのは大変でしたが、ありがたいことに事情を理解していただける職場だったので頑張ることができました。また、主人の病院への送迎や治療法の勉強などのサポートも非常に心強かったです。心配していた費用の面は、市の助成金制度を利用することで、治療費全額ではありませんでしたが戻ってきました。

しかし、助成金の申請は治療後に請求するので、先に大金を支払わなければならず、家の貯蓄から出しました。どうしても女性側が痛い思いをすることが多い不妊治療ですが、今思うと痛みに耐えることよりも、精液検査を嫌がる主人を説得することが一番大変でした。後で主人に聞くと、今は男女ともに原因があるとは言われていますが、やはり男性としては、認めたくない部分があるし、女性の方が大変な思いはしていると分かっているけれど、恥ずかしさとプライドが邪魔をしたと言われました。

でも、自分も検査したから治療をどう進めていくかが見えて一緒に頑張ろうという気持ちになったし、早く授かることができたから良かったとも言っていました。現在妊活中、不妊治療を頑張っている方は、ぜひ片方の問題と思わず、夫婦ふたりで足並みを揃えて取り組んでほしいと思います。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事