MENU

CLOSE

妊娠を望む為に私がした事

妊娠を望む為に私がした事

63views

カテゴリ:体験談

妊娠を望むにはまずは、自分の健康状態を知っておくのが基本だと思ったので私は1年に1回産婦人科を受診していました。あと、妊娠を望むにあたり一番NGなのが冷えです。身体を冷やすと血液の流れが悪くなります。女性ホルモンは血液によって運ばれるので冷えにより血液の流れが悪くなってしまうと子宮や卵巣に女性ホルモンが届きにくくなってしまう事で不妊につながってしまいます。

だから私は、春夏秋冬関係なくお腹周りは常に温めていました。その方法は当たり前ですが冷たい飲み物、食べ物はできるだけ避けて暖かい又は常温の物を摂取するようにしたり、毎日腹巻をしてお腹を温めたりお風呂にゆっくり浸かりリラックスして血液の流れを良くしたりしていました。あとストレスも交感神経が不調になり、これにより血液の流れが悪くなるのでストレスが溜まったなと自分で思ってきたら趣味や買い物などをしてストレス発散もしていました。

それと不規則な生活リズム、食生活もホルモンバランスを崩す原因になるので早寝・早起き、たっぷりの睡眠、バランスの良い食生活にするように努力しました。妊娠を心から望んでいるのなら簡単にできます。そして、友人から聞いて初めて知ったのですが骨盤が歪んでいたら骨盤内の血流が悪くなり不妊につながると聞いたので知り合いの整体師さんの所に骨盤の歪みを改善してもらいにも行きました。それと妊娠力を高めるといわれている食材を積極的に摂取するようにしていました。例えば、アーモンド、ココア、鶏レバー、ひじき、豆類などです。それぞれ妊活にはいい効果があります。

そして、私はひどい便秘に悩まされていて便秘も腸に老廃物が溜まったり血行不良で冷えたり子宮や卵巣に影響をあたえるので食物繊維が含まれている食材を徹底的に取り入れ腸マッサージもして努力しました。不妊の原因は女性の身体だけではなく男性にも原因がある事が多いので主人にも妊活してもらいました。例えば、男性のパンツなら精巣に適した温度は35度なので通気性の悪いブリーフよりも股の部分に余裕があるトランクスの方が良いのでそうしてもらったり、タバコもお酒もやめてもらったり、葉酸のサプリメントを私と毎日飲みました。

主人も子供がほしいと妊娠を強く望んでいたので嫌な顔一つせず協力してくれました。こうした二人の努力があってか可愛い我が子がお腹にきてくれました。あと大事なのは妊娠!妊娠!と強く考えすぎない事です。これがストレスになり逆効果だと思います。これが私の妊活の体験談です。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事