MENU

CLOSE

妊活って一体どんなもの?どんな事をすればいいの?

妊活って一体どんなもの?どんな事をすればいいの?

52views

カテゴリ:未分類

妊活とは一体どんなもの?

最近よく耳にする妊活という言葉、妊活とは「女性が妊娠についての正しい知識を身につけて、自身の体を妊娠しやすい状態に整えていく」と言った活動のことを指しています。タイミングを定めて妊娠を狙っても、20代で約30%、30代で約20%、35歳で約10%といったように年齢が上がるにつれて、妊娠する確率はだんだんと下がってきてしまいます。

また、35歳以降での出産を高齢出産と呼び、現在の日本では5人に1人の女性が、高齢出産であるという統計も出ています。高齢出産には、染色体異常により胎児に障害が出てしまったり、母体や胎児に影響を及ぼす病気にかかりやすくなってしまったり、様々なリスクが上がってきます。

そのため、妊娠を希望している場合はなるべく早く妊娠したい、結婚後すぐに妊娠したいといった理由から妊活を始める方も多いのです。このような理由から、現在妊娠を希望している女性は勿論のこと、将来妊娠を望んでいる場合などは、妊活を行なってしっかりと妊娠しやすい体を作っておくことが大切なんですね。

妊活を行う上での基本!

では、妊活とはどのようなことを行えば良いのでしょうか?まず、妊活で大切な体を作る基本を紹介していきます。

基礎体温の計測

基礎体温を毎日しっかりとはかり、記録をつけておくことで、自分の体のリズムが分かるようになります。排卵周期を知ることによって妊娠しやすい時期が分かるようになります。

バランスの良い食生活

しっかりとバランスのとれた食生活を行なっていないと、健康状態にも影響が出てしまいます。健康状態が優れていることも妊娠しやすい体作りの条件の一つです。

体を冷やさない

体を冷やしてしまい血行が悪くなると、子宮の機能低下の原因にもつながってきます。エアコンや冷たい飲み物などを避け、できるだけ身体を冷やさないようにしましょう。また、適度な運動を行うことは血行促進にもなり、健康面にもとても良い影響があります。

しっかりとした睡眠

しっかりと質の良い睡眠をとることは、妊娠しやすい身体を作るためにはとても大切です。睡眠前にお風呂に入ったり、温かいのみものを飲んだりしてリラックスして眠れる状態を作りましょう。

ストレスを溜めない

ストレスを感じている場合も妊娠しづらくなる大きな原因と言えます。何かに不安を感じていたり、なかなか妊娠できずプレッシャーを感じている場合は、運動をしたり、自分の好きなことをして気分転換をしてストレス溜め込まないように行動しましょう。

産婦人科の受診

体づくりを行ってもなかなか妊娠しない場合、様々な婦人科系の病気が原因で妊娠ができない場合もあるので、妊娠を希望する場合は早い段階から産婦人科で定期健診などを受けておくのが良いでしょう。

妊娠しやすい身体を作る食べ物

身体を温めてくれる食材

にんじんやごぼう、かぼちゃといった根菜類や豆類、しょうがやネギなども身体を温めてくれる働きがあります。冷えは妊活には大敵なので、身体を温めてくれる食材を取り入れるようにし身体の内側からの冷え対策を行なっていきましょう。

タンパク質が豊富な食材

肉・魚・卵・乳製品・大豆製品といった食材にはタンパク質が多く含まれています。タンパク質はホルモン・免疫体といった体の大切な要素を構成し、胎児が成長するためにも欠かせない栄養素です。

鉄分、亜鉛、葉酸

鉄分は子宮内の環境を整えてくれる働きをします。ほうれん草や菜の花といった植物性のものよりも、動物性の牛肉や豚肉、レバーなどの方が体に吸収されやすいとされています。亜鉛は女性ホルモンの分泌を促す働きをします。カキ、牛肉、牛、豚、鶏レバー、鮭、アサリなどに多く含まれています。

葉酸は妊娠初期に胎児の細胞分裂を助け、脳の発達に良い効果があるとされています。妊娠を望む場合は早い段階から葉酸を摂取しておくと良いですね。牛、豚、ブロッコリー、小松菜、パセリ、クレソン、アボカド、いちご、キウイなどに多く含まれています。

また、魚や肉といったビタミンB12を含む食品と一緒に摂取することで体内への吸収が良くなります。このような食材をふだんの食生活にバランス良く取り入れていくようにしましょう。

また、摂取のしづらい栄養素などはサプリメントで補っても良いですね。特に、亜鉛、鉄分、葉酸のサプリメントは妊婦用や妊娠希望者向けに販売されているサプリメントもあるので、妊娠に向けて購入してみるのも良いですね。

排卵日を調べる方法

妊娠しやすいとされる排卵日は月に一度と言われています。これは基礎体温を測ることでおおよその排卵日を把握することができます。基礎体温は高温期と低温期の二つの周期に分かれていて、低温期から高温期に変わる間に体温が大きく下がる日があり、この日を含めて前後1〜2日の間に排卵が起こるとされています。

この基礎体温と合わせて使用したいのが、排卵検査薬です。

排卵検査薬は尿中の黄体ホルモンの上昇を測る検査薬です。排卵がおきる36時間前に黄体ホルモン濃度の上昇が始まるので、その仕組みを利用し黄体ホルモン濃度を測ることで、排卵タイミングを把握することができます。基礎体温と合わせて使用することで、より確実な排卵日を知ることができます。

この排卵検査薬はドラッグストアやインターネットショッピングなどで、おおよそ7回分入っているものが2500円〜3000円程で購入することができます。

不妊治療を始める場合

不妊治療を検討するタイミング

妊活を行っていてもなかなか妊娠しないときは不妊治療を考える方も多いと思います。病院で不妊治療を行うタイミングについて見ていきたいと思います。

  • 避妊せず性行為を行っても一年間妊娠しなかった場合
  • 早期の妊娠を望んでいる場合
  • 自分では排卵日を予測できない場合
  • 生理不順や生理中に強い痛みがある場合
  • 性感染症などの病気の可能性がある場合
  • 婦人科系の病気にかかった経験がある場合

このような心当たりがある場合には、不妊症になっている可能性もあるので、早めの受診が望ましいでしょう。

しかし、上記の症状にあてはまるからといって、必ずしも不妊症であると言ったことでありません。不妊症ではなかったと分かり安心した途端妊娠したりする場合もあるので、ストレスを溜めないためにも検診に行くような感覚で一度原因を見てもらいましょう。

不妊治療の方法

  • 一般不妊治療

通常の妊娠の可能性があると判断された場合は、最初にこの方法で治療が進められていきます。

  • より正確な排卵日を予測する、タイミング法
  • 薬を使い排卵を起こす、排卵誘発法

の二つの方法があります。この二つの方法の費用は平均して1万円以内に収まる場合が多いようです。

  • 人工授精

人工授精は男性側に原因が見られる場合に行われ、男性側から採取した精子の中から、運動性の良好な精子を直接子宮に注入するといった方法です。費用は一回あたりの平均が約1〜3万円ほどとされています。

  • 体外受精

体外受精とは、女性、男性双方に原因があった場合に行われます。女性側と男性側の両方から卵子と精子を採取して、体外で受精させ培養した受精卵を子宮に戻し、妊娠確率を高めるといった方法です。費用は平均して20〜100万円ほどとされています。

女性側ではなく男性側に原因がある場合もあるので、パートナーと話し合い一緒に不妊治療に取り組んで行くことが大切です。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事