MENU

CLOSE

妊活の具体的な手順とは?わかりやすくステップを紹介!

妊活の具体的な手順とは?わかりやすくステップを紹介!

62views

カテゴリ:未分類

最初に食生活を整える

できる限り温かいものを口にする

食生活を整えることは、人間が生きていく上で最も重要だといっても過言ではありません。したがって妊活中の方にとっても、食生活をより良いものにしていくという姿勢は、妊娠の確率を高めるために必要不可欠な要素だといえます。

妊活中の女性にとって、一番避けなければいけないことは「体の冷え」です。冷え性が慢性化すると、子宮や卵巣といった妊娠にとって重要なパーツの機能が低下するだけではなく、月経不順が起こってしまう原因にもなります。

そして月経不順になると排卵日の推定も難しくなってしまうため、妊娠する確率がグンと下がってしまうのです。そんな事態を極力避けるためには、食生活を整えることが急務となります。

まず第一に、冷たい飲み物などを体に入れることはご法度です。体の冷えを回避するためには、たとえ夏場だったとしても温かいものを口にするというのが基本になります。どうしても温かいものが無理だという場合でも、できるだけ常温以上のものを口にするよう心がけてください。

妊活中におすすめの食べ物

では、妊活中は具体的にどのような食べ物を口にすればいいのでしょうか?最も手軽でどんな食事にでも簡単に取り入れられるものといえば、やはりネギやしょうがなどのいわゆる「薬味」でしょう。

薬味は体を内側から温めてくれる効果を持っているので、冷え性に悩む方にとっては欠かせない食べ物だということができます。もちろん一度の食事で大量に口にする必要はありませんが、さまざまな料理に少しずつ加えることによって、確実に体の冷えを解消の方向へと導いてくれるでしょう。

それ以外でしっかりと体を温めてくれるものとしては、根菜類が非常におすすめです。たとえばレンコンや大根、ジャガイモなど、たいへん身近で効果的な食材が数多く揃っています。

ただしそれらを口にするときは、サラダなどの冷えた状態ではなく、できるだけ加熱調理を行ってからにしてください。妊活中はとにかく体を冷やさないというのが鉄則になりますので、食事の際は常にそのことを意識しておくようにしましょう。

適度に運動することが大切

妊活を実践していく中で食生活と並んで重要になるのが、「運動」です。適度な運動には血流を良くするという効果があり、体の冷えを回避する上でたいへん重要な役割を担っているといえます。

そんな運動の中でも妊活中の方に特におすすめしたいのは、ウォーキングです。その理由は、まず第一に「特に準備が必要ない」という点にあります。ウォーキングは、「今日から始めてみようかな」といった意思さえあれば、誰でも簡単にすぐ始めることが可能だからです。

しかも、体に大きな負担がかかるほど長時間実践する必要はありません。別にダイエットを目的として行っているのではないですし、それほど過酷な状況を作り出す必要もないからです。ウォーキングの効果には、下半身の血流を良くするという特徴があります。ですから、より簡単に子宮を温めることが可能になるのです。

そんなウォーキングを行う際には、ぜひ「呼吸」を意識するようにしてください。自分が「有酸素運動を行っている」ということを強く意識すれば、より大きい効果が期待できるからです。そして過剰な運動を避けるためにも、ウォーキングを行う時間の目安はおよそ30分に設定してください。

サプリメントを上手に利用しよう

妊活サプリの重要性

食生活や運動といった基本的な部分の見直しを終えたら、次に取り掛かるべきなのは「妊活サプリメントの摂取」です。妊活サプリメントには、食生活の改善や運動の実践だけでは補いきれない点を確実にサポートするという働きがあります。

その中でも特に妊活中の方に欠かせない「葉酸」の理想的な摂取は、サプリメントを通してでしか実現できないといっても言いすぎではありません。なぜなら、葉酸の摂取は「食事からだけではどうしても不足してしまう」ものだからです。

実際に厚生労働省も、妊娠を目指す方に対して葉酸の摂取を行うよう勧告しています。そしてその推奨摂取量は、一日あたり400μgです。これは、食事による摂取だけでは明らかに足りないことを意味しています。

葉酸を始めとしたビタミン類は、妊娠に大きくかかわる「細胞分裂」を実現する上で非常に大きな役割を担います。したがって理想的な妊活を実現するためには、この葉酸の摂取が欠かせないのです。そしてその葉酸の摂取を効果的に行うには、妊活サプリメントを利用することが一番の近道だといえるでしょう。

サプリを摂取する上での注意点

では妊活サプリメントを摂取する上で、特に注意を払わなければならないのは、いったいどういった点なのでしょうか?

まず第一に、妊活サプリメントは「摂取量が多いほどその効果が大きくなる」というものではありません。妊活サプリメントに限ったことではありませんが、過剰な摂取は必ず副作用の効果を大きくしてしまいます。ですから、きっちりと用法・用量を守ることが最も重要になるのです。

さらに、サプリメントの摂取は体質によっては胃に大きな負担をかけることにもつながりかねません。妊活サプリメントを最も効果的に摂取するためには食間の摂取がおすすめですが、特別胃が弱いという方は、効率面よりも体調の方を優先し、あえて食後に摂取を行うといったことも必要になるでしょう。

このように、妊活サプリメントを利用する上で最も注意しなければならないのは、あくまで「自分自身に合ったペースで摂取する」という点なのです。

不妊治療についての基礎知識

不妊治療はいつ始めればいいのか?

では、食生活の整理や運動、さらに妊活サプリの利用を行っても妊娠に至らない場合は、いったいどうすればいいのでしょうか?そういったケースでは、「不妊治療」を真剣に検討する必要があります。

しかし、それでもなお、不妊治療をいつ始めればよいのかわからないといった方も少なくないのが現状です。不妊治療と聞くとどうしても身構えてしまう方も多いとは思いますが、不妊治療は何もそれほど特別なものではありません。

もちろん人工授精といった高度な治療も存在しますが、たとえば「どのタイミングで性交渉を行うのがベストなのかを指導する」というようなことも、不妊治療であるには違いないからです。そういった点を踏まえると、不妊治療を開始するベストなタイミングとは、「妊娠について不安を感じたとき」だということができます。

具体的にいうと、「1年間避妊なしの性交を行っているのに妊娠しないとき」などがそれに当たるでしょう。さらにそれに加え、「35歳以上の方」については、特に妊娠について不安を感じていないとしても、一度専門医による診察を受けてみることをおすすめします。なぜなら、妊娠率は30代後半になると明らかに低下する傾向にあるからです。

男性にも不妊治療は必要?

不妊治療は、女性だけが意識しておけば問題ないのでしょうか?結論から先にいうと、それは誤った認識になります。不妊の原因は、何も女性だけが抱えているものではありません。調査の結果、不妊の原因の約50%は男性にあるということがわかっています。

たとえば精子の機能低下など、女性の不妊治療だけではどうにもならない部分が、妊娠率の低下を招いているケースも多々あるのです。ですから、もしも不妊治療前の検査を行おうと決断したときは、できるだけ夫婦同伴で実践することをおすすめします。

不妊とは女性だけに何らかの原因があって発生するわけではなく、男性にその原因があることも決して少なくはないからです。このように、夫婦が一丸となって不妊に立ち向かうことは、理想の妊活を進めていく上で欠かせない要素だということができるでしょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事