MENU

CLOSE

妊活サプリを飲むならこれ!大事な成分と価格の関係

妊活サプリを飲むならこれ!大事な成分と価格の関係

136views

カテゴリ:未分類

妊活を始めるときに必要な知識と栄養

妊活の重要性

芸能人や会社員女性の間でも話題になることが多い「妊活」という言葉があります。妊活とは単純に妊娠をする為の行動というものではなく、妊娠に関する知識を得る時期であり、妊娠後の人生計画を練る期間も妊活に相当します。そのため妊娠をする前から体に必要な栄養素のみならず、子どもに対しても有効な栄養を蓄える必要があります。

そもそも妊活をすること自体に重要性を感じない人もいるかもしれませんが、妊活を行うことにより子供がダウン症になる確率や染色体異常になる確立を下げることも可能です。またパートナーの男性とも一緒に行うことで、妊娠後の計画も立てやすくなる上に、女性へのストレスを軽減することも可能です。

このように妊活を行うことは女性のみならず家族にとって重要なのです。また妊活においては生活を見直すことが必要であり、良い習慣を身につけることもできます。女性にとっては非常に重要な習慣となり、20歳代でも妊娠しやすい時で30%といわれる妊娠率をあげることができます。その時重要なことは、

  • 体を冷やさないこと
  • たんぱく質を多く含み女性ホルモンをたくさん含んだ食事をすること
  • 確りと睡眠をとること

といわれています。この時に食事などで葉酸を摂取するとよいといわれています。

妊活に必要な栄養素

このように妊活をするにあたっては、バランス良く栄養をとることが重要な他、葉酸の摂取がカギになります。この葉酸が注目されるのは、妊娠においてダウン症予防に効果があることや着床のしやすさ、流産のしにくさ、さらにつわりの軽減効果を上昇させることが可能であるといわれているからです。

また妊娠前から妊娠中期にかけて摂取することにより、上記の効果のほかにも産後抜け毛や産後回復を早めるといわれています。女性ホルモンやたんぱく質、食物繊維やアミノ酸が基本的に健康状態を維持することに欠かせませんが、葉酸を多めに摂取することで特に妊娠に関して沢山の効果を得ることができ、リスクの軽減ができます。

葉酸は主に枝豆やモロヘイヤなど緑色の葉野菜などに多く含まれており、日常でも簡単に摂取することができます。またその一方で、レバーに含まれる脂溶性ビタミンやカフェインの摂りすぎには注意が必要です。また枝豆で1日分の葉酸摂取量を摂ろうとすると、毎日3人前(300g)程度の量を食べる必要があり、それを続けられるかという問題も発生します。その場合に活躍するのがサプリメントです。

妊活用サプリのおすすめ含有成分と食品との価格関係

妊活サプリの含有成分

妊活や妊娠をしているときは、普段の生活に比べ葉酸の使用量が2倍になっているといわれています。しかしその分だけ食品を増やすことは難しいです。さらに妊娠時には、天然の葉酸よりも合成葉酸のほうが体には良いとされています。他にも無添加であれば何でもよいわけではなく、GMPという適正製造規範があり、しっかりとした製造基準が設けられています。

それに批准している工場では、安全な添加物や他のビタミンなども含まれているため、葉酸以外も効率よく摂取することができます。この中に含まれているのは葉酸といっしょに摂るとよいとされているビタミンC、ビタミンB6、B12が豊富に含まれており、食事より効率よく葉酸を吸収できます。忙しい時や一種類の食品を食べ続けるよりも簡単に摂れるメリットがあります。

妊活サプリの価格とストレスの関係

妊活をするにあたって、こういったサプリメントを利用することは有効です。しかし価格的な問題が無いかどうかということも重要です。市場で販売されているサプリは1カ月分おおよそ6000円ほどで含有量の高いサプリメントがあるので、同量の食品に置き換えると価格的には大きく変わりませんが、野菜を中心にするならば概ね8000円程度コストがかかる計算になります。女性にとって葉酸を摂ることがストレスになってしまわないように、サプリメントを上手に活用することが妊活の成功につながります。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事