MENU

CLOSE

日常で出来る対策とは?食生活やサプリで効果的な妊活をしよう!

日常で出来る対策とは?食生活やサプリで効果的な妊活をしよう!

80views

カテゴリ:未分類

年齢と身体のバランスが妊活の成功の鍵

女性の卵子の数は、常に一定数であるわけではありません。特に、年齢を重ねていくと卵子の生成数は自然と減少してしまう傾向にあり、これが結果的に高齢出産の負担となります。

女性が妊娠を実現するための前提として大切なのは、そもそも受精をするための元になる健康的な卵子を、しっかりと生成できる身体を作ることにあります。卵子の数は、その人が誕生してから劇的に増えることはなく、むしろある一定の年齢を境に急激に減少していく傾向があります。

この基準となっているのが30歳という年齢です。一般的に、30歳から35歳は卵子の数が減少しやすい年齢であり、実際に35歳になると妊活の場合では高齢出産に該当する年齢になります。

具体的な数値で述べると、若いときにはだいたい700万程度の卵子を生成できますが、30歳を過ぎたあたりから急激にその数を減少させ、35歳に到達するころにはたったの数万までその数を減らします。

そのため、30歳を超えて出産を希望する人は、必ず妊活の準備をして健康的な子供を産めるようにしておかなくてはいけません。もちろん、男性は女性のそうした身体的な特徴を踏まえて、自身にできる妊活の準備を進めておくことが大切でしょう。

日常で行える対策は三つ

日常生活の中で、比較的簡単に行うことができる妊活の対策としては三つ考えられます。

  • 基礎体温の調整
  • 運動
  • 食生活の改善

特に、妊活を求める女性や不妊治療を行っている男性が気を付けなくてはならないのが基礎体温の調整です。これは、男性と女性で対策が全く異なるので一緒に考えないように注意をしなくてはいけません。

基本的に、女性が生成する卵子は基礎体温に依存して数を増やす傾向がありますので、基礎体温が低すぎる女性は健康的に妊娠をする身体にはなっていないことを意味しています。

一方で、男性の場合は基礎体温を上げすぎると受精するための精子の状況が悪くなってしまいます。これは、精子そのものが熱に弱い性質を持っているからに他なりません。この点は、妊活の際に性行為をするときにも非常に重要です。

男性の場合は、熱っぽい身体で性行為をすると、それだけで精子の状態が悪いまま女性に妊娠をさせる可能性が出てきてしまいます。ですから、男女にとって健康的な妊活を実現することが難しくなります。

逆に、女性は冷え性などで身体の状況が悪くなっているときには、卵子の生成数を増やすためにそうした症状を治してから妊活をすることが大切です。基礎体温の調整をすると、それだけで不妊治療に一歩近づくことができるので効果的です。

また、こうした基礎体温の調整に一役買うことができるのが運動です。具体的には、有酸素運動が基礎体温の調整に役立ちます。

有酸素運動は、人間の身体の新陳代謝を効率的に高める働きがあるので、身体の血行が良くなり、自然とその人が持っている基礎体温のバランスを整えてくれます。そのため、日常生活の中では運動は重要な妊活や不妊治療の対策と言えます。

食生活とサプリで妊娠しやすい身体は作れる

避けるべき食材

妊活では、偏った食生活をしたり、知らない内に妊娠がしづらい身体を作ることを避けなくてはいけません。特に、食事に関しては知らない内に基礎体温を下げてしまうような食材も存在しますので、健康的だと思っていた食材が実は妊活には悪かったという事態も考えられます。

例えば、多くの人は野菜を摂取することは健康面で有効だと考えています。しかし、野菜を摂取することが必ずしも健康に近づくとは限りませんし、特に妊活に関しては逆効果になってしまう危険性もあります。

  • トマト
  • キュウリ

特に野菜の中でも気を付けなくてはいけないのは、上記の二つです。トマトは、確かに栄養価が高くて普通なら健康面に関してもとても有効な野菜に違いありません。しかし、トマトやキュウリには人間の基礎体温を下げる効果が存在し、継続的に食べ続けると代謝機能が低下してしまうデメリットもあります。

これら二つの野菜は一般的に夏野菜と呼ばれているものですが、こうした夏野菜の中には身体の基礎体温を下げて涼しくするための作用が含まれているものが実は多いのです。そのため、妊活にとっては不健康な食材も多く、気づかない内に妊活には向いていない食材を食べてしまうケースもあります。

また、同じ理由で利尿作用が存在する飲料を飲むことも妊活中は避けた方が賢明です。例えば、普段からコーヒーや紅茶を飲む人は、少なくとも妊活中はそれらを避けることが大切になります。コーヒーや紅茶も、普通の生活の中ならば適度に飲むことによって記憶力を向上させたり眠気を覚ます良い効果を発揮します。

しかし、同時に利尿作用が存在するこれらの飲料には、排尿によって夏野菜と同様に基礎体温を低下させてしまうデメリットもあります。

普段ならば何も問題はありませんが、妊活中にはマイナス面の方が多いので注意をしなくてはいけません。食事によって妊娠しやすい身体とそうではない身体は分かれますので、この点は気を付けておくことが大切です。

サプリメントを効率的に代用する

食事から必要な栄養分を摂取できる自信がない人は、妊活に必要な栄養分を抽出したサプリメントを利用すると良いです。妊活に必要な栄養分はある程度決まっていますので、妊活用のサプリメントはとても充実しています。

身体への影響も考慮して、化学成分で合成しているものではなく、天然成分から抽出したサプリメントも販売されています。例えば、胎児の育成に重要になる葉酸に関しては様々なサプリメントが開発されており、自身の身体にあったものを選択できます。

葉酸の正しい摂取方法

妊活で重要になる栄養分として、最も多くの人から誤解を受けているのが葉酸という栄養分です。葉酸というのは一般的な呼び方だとビタミンと呼ばれるものの一種で、母体の中で成長する胎児の成長を手助けしてくれる最重要の栄養です。

この栄養が存在しないと、上手く胎児を育てることができなくなりますので、妊娠期間中や妊活の際には欠かせないものになっています。しかし、葉酸の摂取方法に関しては誤解がまかり通っている面もあって、注意をして栄養分を摂取しなくてはいけません。

というのも、本来は葉酸というのは過剰摂取をしにくい栄養分なのですが、葉酸の摂取に関しては過剰摂取を恐れて必要以上の摂取を控えてしまう人がいます。過剰摂取になりにくいとする根拠は、ビタミンそのものが水溶性の栄養分だからです。

水溶性の栄養分は水に溶けやすい傾向にあるため、短期間で過剰に摂取をしたとしても余分な栄養分は尿と一緒に外部に流れ出ていってしまいます。葉酸は、その時に必要な分だけを身体に取り入れて吸収する性質があるので、短期間に一日分の葉酸を摂取しても、全てが身体に吸収されるとは限らないのです。

そのため、一日の中でも特定の時間だけ葉酸を大量に摂取する形だと、実は一日に十分な葉酸を摂取することができないリスクもあります。こうならないようにするためには、一日に必要な葉酸の摂取を何回かに分けて行うことが重要です。

特に、妊活をして実際に妊娠をすることができたときには、通常の生活の中で必要な葉酸の倍以上の量が必要になりますので、一回で大量に摂取したとしても必要な分を吸収できない可能性は十分にあります。健康的な胎児を妊娠して出産するためにも、特に重要になる葉酸の摂取に関しては正しい方法で摂取をするべきでしょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事