MENU

CLOSE

食生活改善で妊娠へ!妊活に良い食事とNGな食事まとめ

食生活改善で妊娠へ!妊活に良い食事とNGな食事まとめ

99views

カテゴリ:未分類

身体を冷やす食事はNG!

不妊症気味であったり不妊症に悩みつつも妊活に勤しんでいる方はもちろんのこと、特に不妊ではないという方にも是非注意して貰いたい食生活の一つが、食事を通じて身体を冷やしすぎないようにするという点です。

ご存知のように、女性の方が妊娠という結果を手に入れるためには、何よりも妊娠しやすい身体を作ることができるかどうか?というところに尽きます。そして、この妊娠しやすい身体の条件に当てはまるのが、一定の体温を保つという点です。

特に妊娠しやすい身体の環境として最適と言われているのが36度前後の体温で、これよりも高すぎても妊娠しづらくなってしまう上、平熱が35度以下など体温が全体的に低いという方ほど妊娠しづらい身体になっているという点に注意が必要です。

人間の体温は、生活環境や服装、運動しているかどうかや筋肉と脂肪の割合によっても大きく変化するほか、実は食事にも大きく左右される要素の一つ。

例えば、夏場など暑い時期には何かと冷たい食事を食べたくなってしまいますし、冷たいビールや飲み物を大量に摂取してしまいがちです。ところが、これら冷たい飲み物や食べ物を摂取すると、体内に摂り入れられた瞬間から一気に体温が下がりはじめ、特に平熱が低い方ほど体温が急激に下がりやすい傾向にあります。

また、実際に食べる食事の温度だけでなくそれぞれの献立ごとに使われている食材によっても、体温が慢性的に下がり続けてしまい、妊活に大きく影響を与えてしまう可能性も。

実際に不妊治療を医療機関で受けている方の中には、医師から直接食生活にも注意をするように指摘されている方もいらっしゃるなど、とにかく妊活を成功へと導く上で、身体を冷やしてしまう食べ物はできるだけ避けておくという点が挙げられます。

では、実際にどのような食事や食材が体温を急激に下げてしまうのでしょうか?まず、そうめんやサラダなど元々の温度自体が低い食べ物は、全体的に体温を下げてしまう要因になります。また、料理に使用されている食材の中でも体温を下げてしまう効果を持つ食材としては、

  • トマトやキュウリ、レタスなどの野菜
  • バナナや梨、スイカなどカリウムを多量に含む食材

などが、特に体温の低下効果が強い食材として挙げられます。この中でも特に注意しておきたいのが、バナナやスイカなどの食材で、これらの食材に多量に含まれているカリウムには頻繁な排尿を促す利尿作用があり、排尿は体温を一気に下げてしまう行為ですから、妊活中にはこれらの食材はできるだけ避けるのが無難です。

造血作用と血流改善効果のある食事を中心に食べること

妊活と血流、一見するとあまり関連性のないこの2つの要素ですが、実は妊活を成功へと導くために欠かせない大切なポイントの一つに当たります。

私たち人間の身体の中には無数の血管が張り巡らされており、この血管内を流れる血液によって、臓器や筋肉などの各組織や気管へと酸素と栄養素が供給されています。妊娠という行為を実際に行う子宮や卵子を製造する卵巣も例外ではなく、血液からもたらされた栄養素や酸素を使って細胞生成と組織活動を活発化しています。

ところが、生理など何かと血液を失いやすい女性の方の中には、貧血症状のように慢性的な血液不足に悩まされている方も少なくなく、この血液の不足は妊活を成功させるための大きな弊害となる可能性も。

このことから、血液を常に安定した量維持しその流れを健全に保つことは、特に不妊症など不妊治療を受けている方にとっては大切なことでしょう。

血液を作る造血作用を高める食事として

  • カツオやマグロなどの赤身魚
  • カロテンを豊富に含む人参
  • 牛肉やレバーなど赤身肉

などが代表的で、これらの食材を豊富に使った食事を優先的に食べることで、血液を作る造血作用を高めると共に、血液量の上昇による血行促進効果も同時に得られるでしょう。また、血流を改善する食物繊維を豊富に含んだサプリメントを併用したり、定期的な運動を実践して筋肉量を高め新陳代謝を促進することによって更に高い効果も得られ大変おすすめです。

抗酸化作用とアンチエイジングで妊娠しやすい元気な卵子作り

手軽に食生活や食事を通じて得られる妊活効果の一つとなるのが、元気な卵子を作るための方法です。

当然ながら、元気で健康な子供を育むためには、同じく元気な卵子と精子の存在が欠かせません。ところが、卵子や精子は共に、加齢による負担や偏食など食生活と栄養素の欠乏によって簡単に老化しやすく、元気がない卵子や精子では妊娠の可能性自体を下げてしまう危険性もあります。

これらの危険性を少しでも排除し妊娠の可能性を高める方法としても是非率先してもらいたいのが、元気な卵子作りに欠かせない食生活の実践です。

元気な卵子を作るためには、抗酸化作用に優れた食事やアンチエイジング効果が期待できる食事が特におすすめで、この2つの要素を満たすものとして、健康に欠かせない天然由来の色素であるポリフェノール、緑黄色野菜に豊富に含まれているカロテンとビタミンCという栄養素が該当します。

ポリフェノールを効果的に摂取できる食事としては、ブドウやそれを使った赤ワイン、味噌や納豆、豆腐や豆乳などの大豆食品が該当し、これらの食材を使った料理を食べたり、食事と一緒に赤ワインを適量飲むことで効果的な作用が得られるでしょう。

また、カロテンを豊富に含む食材として人参やトマト、カボチャなどが該当するほか、ビタミンCはいちごやピーマン、パセリなどの果物や野菜類に特に含まれているので、これらをデザートや食事の付け合わせなどを通じて摂取することで、自然と元気な卵子作りをバックアップできるほか、食事では摂りきれなかったり肉類など他の食材を偏食しすぎた場合には、サプリメントなどを使って補うと良いでしょう。

ホルモンの分泌を促進し補助する食生活で妊活力アップ

特に女性の方で妊活を実践されている場合に注意しておきたいのが、女性ホルモンの存在を意識しているかどうか?という点です。

ご存知のように、女性ホルモンは女性らしい身体を作る上で欠かせない成分であると共に、妊娠のように女性にとって多大な負担がかかる作業を行う上で重要な働きを担っています。

ところが、女性ホルモンは、強いストレスや不眠、偏食など、忙しい現代の女性にとって決して他人事ではない身近な要素からその分泌量を大きく減らしてしまいかねないデリケートな物質でもあるため、妊活を実践されている方ほど、これら女性ホルモンの分泌を減らしてしまう要素には最大限の注意を払わなくてはいけません。

また、注意を払うと共に実践しておきたいのが、食事やサプリメントの活用による女性ホルモンの分泌促進と補助です。

女性ホルモンの分泌を促進する作用を持つ栄養素としてはビタミンEや亜鉛などが有名で、これらはかぼちゃや葉物野菜、ピーマンや海老などの食材から豊富な量摂取できます。

また、亜鉛は、牡蠣などの貝類をはじめ、レバーなど肉類や大豆からも摂取できるので、これらの食材を使った食事を定期的に食べるだけでも、女性ホルモンの分泌を促進できます。

また、女性ホルモンの分泌促進を高めると共に効果的な方法が、女性ホルモンと似た働きを体内で行ってくれる栄養素の補充です。

これに該当するのが、大豆に多く含まれる栄養素として有名な大豆イソフラボンで、味噌や醤油などの大豆加工調味料の他、豆乳や豆腐、納豆など大豆加工食品からも多量摂取できるので、こうした食材を料理に活用してみることで、妊活力を自然にアップでき効果的です。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事