MENU

CLOSE

生活習慣の改善にサプリメント!妊活に役立つ方法を徹底解説

生活習慣の改善にサプリメント!妊活に役立つ方法を徹底解説

60views

カテゴリ:未分類

妊活に役立つ生活習慣1

身体を冷やさない服装

妊活や不妊治療の基本が冷え性対策です。身体が冷えて血行が悪化すると卵巣や子宮への栄養分や酸素などの供給が滞って、妊活や不妊治療に悪影響を及ぼされる場合があります。

そして、卵巣や子宮などの生殖器はとくに身体の冷えの影響を受けやすい場所のため、日頃から身体を冷やさない服装で過ごすことが大切です。

また、夏などの暖かい季節でも、屋内に入るとエアコンの冷風によって肌寒い場合があるため、マフラーやネックウォーマー、腹巻きやカーディガンなどを用意しておくことが大切です。

お風呂に入る

身体を洗う時にシャワーで簡単に済ませる方が少なくありませんが、しっかりと温かいお風呂に浸かることで、妊活の大敵である冷え性を改善する効果が得られます。また、無理をして熱湯に浸かるよりも、40度以下のぬるいお風呂に20分程度浸かるほうが、より身体を芯から温めて冷え性を改善する効果が高まります。

適度な運動をする

身体の血行が悪化すると卵巣や子宮といった生殖器への栄養供給が滞るため、妊活や不妊治療などに悪影響を及ぼされます。しかし、ジョギングやウォーキングなどの適度な運動を行うことによって、身体の血行を改善して妊活をサポートする効果が得られます。

また、こうした運動を行うことで筋肉量が増えるため、新陳代謝が高まった妊活の大敵である冷え性を改善する効果も得られます。しかし、激しい有酸素運動や筋力トレーニングなどを行うと、体内で大幅に増加した活性酸素が卵子に悪影響を与える場合があるため、大きく呼吸が乱れるような激しい運動は控えることが大切です。

無理なダイエットをしない

3ヶ月ほどの間に5キロ以上の体重の増減があると、体内のホルモンバランスが乱れる可能性があります。そして、ホルモンバランスの乱れが月経不順や無排卵といった、不妊に繋がる症状を引き起こす場合があります。

さらにダイエットによって身体が栄養不足の状態に陥ると、少ない栄養分は生命を維持するために必要な部位に優先して供給されます。その際に、子宮や卵巣への栄養供給が後回しにされるため、生殖機能が低下して妊活に悪影響を及ぼされる場合があります。

また、妊娠しても赤ちゃんが栄養不足になり、低出生体重児として生まれてくる危険性があります。そのため、妊活中は無理なダイエットを控える必要があります。

妊活に役立つ生活習慣2

ストレスを発散する

人間がストレスを感じると、その影響から身体を守るために副腎皮質ホルモンという物質が分泌されます。しかし、副腎皮質ホルモンの分泌や分解の際に、一緒に活性酸素が発生します。

そのため、ストレスを抱え続けると体内の活性酸素が大幅に増加して、その酸化作用により卵子がダメージを受けることで妊娠を妨げられる可能性があります。そのため、妊活や不妊治療中は没頭できる趣味を持ったり家族や友人と楽しい時間を過ごすなど、ストレスを発散することが大切です。

そして、妊活や不妊治療のために生活習慣や食生活を極端に変えると、それが原因で感じるストレスが妊活や不妊治療に悪影響を及ぼす場合があります。そのため、妊活や不妊治療は極端にがんばりすぎないことが大切です。

禁煙する

タバコに含まれるニコチンという成分には、毛細血管を収縮させる作用があります。そして、喫煙による血行悪化が原因で卵巣や子宮といった生殖器への栄養分や酸素の供給が妨げられて、妊活や不妊治療に悪影響を及ぼされる場合があります。

また、タバコの煙は身体から有害物質と判断されるため、喫煙すると体内の活性酸素が増加します。さらに、タバコの煙には過酸化水素という活性酸素の一種も含まれています。

そのため、喫煙すると体内の活性酸素が大幅に増加して、その強力な酸化作用が卵子にダメージを与えるなど妊活に悪影響を及ぼします。そのため、妊活や不妊治療中の方は禁煙する必要があります。

過度な飲酒を控える

飲酒後は体内に吸収されたアルコールが肝臓で分解されて、最後には酢酸という無害な物質に変えられます。その過程で卵子を劣化させる原因である活性酸素が増加するため、妊活中は飲酒を控えることが大切です。

しかし、無理に禁酒をしてもストレスが原因で活性酸素が発生して逆効果になる場合があるため、お酒が好きな方はストレスを感じない程度に飲酒量を減らすことが大切です。

良質な睡眠をとる

主に睡眠中に体内で分泌されている成長ホルモンには、卵子が受けたダメージを修復したり、女性ホルモンのバランスを保つなどの効果があります。そのため、妊活や不妊治療中は十分な睡眠をとることが大切です。

そして、22〜2時までの4時間はゴールデンタイムと呼ばれ、とくに活発に成長ホルモンが分泌されます。そのため、この時間帯にしっかり睡眠をとることでより成長ホルモンの分泌を活発にできます。

妊活に役立つサプリメントの成分1

葉酸

葉酸には子宮内膜を受精卵が着床しやすい分厚くてフカフカの状態に整えたり、胎児の細胞分裂が正常に行われるようにサポートする効果があります。また、日本ではおよそ4%の確率で赤ちゃんに先天性奇形の症状が現れますが、妊娠の前後に葉酸を摂取しておくことでそうしたリスクを下げる効果が得られます。

そのため、厚生労働省は『日本人の食事摂取基準(2015)』の中で妊娠を計画中の女性にたいして、1日に400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。しかし、一般的な食生活では十分な量の葉酸を摂取することが難しいため、妊活や不妊治療中の方はサプリメントを利用して葉酸を摂取することが大切です。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は赤血球以外のあらゆる細胞内に存在しており、ミトコンドリアがエネルギーを生成する際に発生する活性酸素を除去する役割を担っています。そのため、コエンザイムQ10を摂取することで卵子にダメージを与えるなど妊活や不妊治療を妨げる原因である活性酸素を除去する効果が得られます。

ショウガ

ショウガは妊活や不妊治療の大敵である冷え性を改善する上で、高い効果を発揮する成分です。また、生のショウガに含まれているジンゲロールという成分は一時的に身体を温める効果しかありませんが、ショウガを加熱したり乾燥させることで発生するショウガオールという成分は、身体を芯から温めて冷え性を改善する高い効果を発揮します。

そのため、ショウガを摂取して冷え性を改善したい場合は、乾燥したショウガが配合されたサプリメントを利用することが効率的です。

マカ

マカは南米ペルーに自生するアブラナ科の植物です。各種ビタミンやミネラル、必須アミノ酸などを豊富に含んでいる上に、マカに含まれているベンジルグルコシノレートという成分はホルモンバランスを整える効果を発揮します。

そのため、マカを摂取することでホルモンバランスの乱れが原因で起こる冷え性を改善したり、生理周期を安定させる効果などが得られます。

妊活に役立つサプリメントの成分2

鉄分

体内の鉄分が不足していると、赤ちゃんが低出生体重児で生まれてくる可能性があります。しかし、鉄分は生理のある女性の体内から失われやすい栄養分のため、妊活や不妊治療中の方はサプリメントなどを利用して、不足しないように注意する必要があります。

そして、鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類が存在していますが、ヘム鉄の方が吸収率が高いため、鉄分を補う場合はヘム鉄の方が配合されたサプリメントを利用することが大切です。

ビタミンA

着床後の受精卵が活発な細胞分裂を繰り返している時期に母親の体内でビタミンAが不足していると、胎児の発育不良や奇形などを招く可能性があります。そのため必要量を摂取することが大切ですが、ビタミンAを過剰摂取すると胎児の奇形や流産などの危険性が高まるため、摂取量に注意する必要があります。

ビタミンE

ビタミンEは、毛細血管を拡張したり血液の粘度を下げることによって、血行を促進する効果を発揮します。そのため、ビタミンEを摂取することで妊活や不妊治療の大敵である冷え性を改善する効果が得られます。

また、ビタミンEにはホルモンバランスを整える効果もあるため、妊活や不妊治療を妨げる原因である生理不順を改善する効果も得られます。

オリゴ糖

腸内環境が悪化すると栄養分の吸収率が下がるため、妊活のために食生活を改善したりサプリメントを摂取しても、十分にその効果が得られません。しかし、オリゴ糖を摂取することで腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を改善する効果が得られます。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事