MENU

CLOSE

妊活は男も女も取り組む必要がある。そこで重要な葉酸という存在

妊活は男も女も取り組む必要がある。そこで重要な葉酸という存在

71views

カテゴリ:未分類

不妊に陥りやすい行動があることを知っていますか?

不妊に悩んでいる人達は、私たちが自覚していないところで、結構存在しています。今現在、妊娠を計画していないような女性も、いざ妊娠を計画した時には、もしかしたら不妊に陥るかもしれません。

そうならないためには、早い段階から対策をとっておく必要があります。実は、不妊に陥りやすい行いというのが存在しているのです。どんな行いなのかリサーチしてみました。

不規則な生活は妊娠しにくい身体を作ります

健全な妊娠を望むのであれば、不規則な生活は改善するべきです。

  • 運動不足
  • 食生活の内容がバラバラ
  • 夜更かしが多い
  • タバコを吸っている
  • 体温が低い
  • ストレスが溜まりやすい

このような背景って、決して珍しいものではありませんよね。つまり、女性は誰もが不妊に陥る可能性があるということです。これが長年にわたって蓄積されればされるほど危険になるので、早いうちからストップをかけておきましょう。

「妊活は、女性が頑張るもの」という意識を持っていませんか?

「妊活は、女性が頑張るもの」という解釈が世間的に充満している気がしませんか?しかし、答えはノーです!妊活は、男性の協力も必要不可欠!必ず、夫婦でチャレンジしなければいけません。

男性が原因で子供を授かれないケースもあります

実は、男性側に原因があって、子供が授かれないというケースも多々存在しているのです。一体、どのような原因かと言うと、次のようなものです。

  • 勃起不全

これは、セックスの時に勃起しないという状態です。「年歳を重ねるとペニスが勃起しなくなる」という話はよく聞くと思うのですが、若い男性の勃起不全も年々増えていると言われています。勃起不全は、性欲があるにも関わらず、ペニスが立たないのです。

これは、生殖機能に異常がある場合もありますが、メンタルが原因になっている場合も多いようです。例えば、「ペニスの大きさに自信が持てない」とか、「セックスのテクニックに自信がない」はメンタルですね。このようなストレスが解消されると、途端に治る場合があります。

  • 動かない精子が多い

「射精された精子がほとんど動いていない」という状態があります。これは、「精子の運動量が少ない」ケースもあれば、「射精された時点でほとんどの精子が死んでしまっている」ケースもあります。妊娠は、膣内に射精された精子が卵子まで泳いで行かなければいけませんから、運動量の有無はとても重要なことです。

男性も女性も必ず取り入れたい栄養素は「葉酸」です

不妊治療のアイテムとしてよく利用されるのが、妊活用のサプリメントです。妊活用のサプリメントは、色々な栄養素が含まれているのですが、その中でも特に欠かせない栄養は、「葉酸」です。

葉酸は、女性も男性も同時に摂取する必要があります。葉酸がどのくらい重要な栄養素なのかリサーチしてみましたので紹介していきましょう!

葉酸は生まれてくる胎児の障害リスクを軽減させてくる栄養

不妊治療を乗り越えて、ようやく授かった胎児には、健康に生まれて来て欲しいと思うのが親の心情というものです。ところが、葉酸が不足している卵子が受精した場合には、胎児の障害リスクが高まるという研究結果があります。

これは、葉酸が不足している精子が受精した場合も同じです。従って、胎児の将来ために、葉酸は必ず摂取しておかなければなりません。

葉酸は厚生労働省が推奨しているくらい重要

葉酸の重要性は、厚生労働省が推奨しているほどです。これは、日本国内はもちろんのこと、世界でも同じくです。人種関係なく、葉酸は、それくらい大事な栄養となっています。

葉酸は年齢を重ねると不足していきます

葉酸は、年齢を重ねると、男女ともに不足していくというデータがあります。不妊治療に悩んでいる夫婦が比較的年齢を重ねている傾向にあるのは、このためです。年齢を重ねると、健康な卵子や健康な精子が形成されにくくなるのですが、これも葉酸不足が関係しています。

ですから、高齢に差し掛かっての妊娠を計画する場合は、より一層、葉酸を意識する必要があるのです。不規則な生活習慣が目立っている現代人は、若い男女でも葉酸が不足している場合がありますから、若いからといって油断はできないかもしれません。

葉酸は妊娠する前から摂取しなければならない

葉酸は、「妊娠が発覚してから摂取すればいい」というものではありません。受精した時には、すでに葉酸を十分に含んだ卵子と精子でなければいけないのです。この背景には、「妊娠3ヶ月以内に、胎児は激しい細胞分裂を起こす」という理由があります。

受精した卵子と精子は、細胞分裂を繰り返して、人間の体を形成していきます。その時に、葉酸を活発に活用するのです。

しかし、葉酸が不足している場合は、満足な細胞分裂が行えないので、身体の形成が未完成になってしまいます。計画的な妊活を成功させたいならば、子作りのための性交渉をする数ヶ月前から葉酸を摂取するようにしましょう。

夫婦だけでの事前接種の判断が難しい場合には、産婦人科に相談することをお勧めします。ちなみに、葉酸は妊娠が発覚した後も継続的に摂取していく必要があるので、途中で止めないようにしましょう。

サプリメントの購入について

妊活サプリメントの購入方法についても触れておきましょう。妊活サプリメントは、大きく分けて2通りの入手方法があります。「ドラッグストアで購入する」と、「産婦人科で処方してもらう」です。

  • ドラッグストアで購入する場合

ドラッグストアで購入する場合は、葉酸の有無、放射能検査クリア、無農薬、サポートセンターの有無、などを確認して購入するようにしてください。非常に多種多様なものがリリースされているので、値段設定も様々です。値段が安いものは、品質が不十分な可能性があるので気をつけた方がいいでしょう。

ちなみに、1日あたりに摂取しておきたい理想的な葉酸の量は400マイクログラムと言われていますから、商品1つで、どれくらいのマイクログラムが摂取できるのか意識しておくと、上手な買い物が可能です。幸せな家族計画に関わる問題ですので、ここはケチらずにお金をかけた方が良いでしょう。

この手のサプリメントは、インターネットで購入することもできるので、お手軽に購入したい人は、ネット通販がおすすめです。しかし、ネット通販の場合は、薬剤師と相談しながら購入することができないので、口コミや公式サイトの概要をよくチェックするようにしてください。

  • 産婦人科で処方してもらう場合

これが、一番安全な入手方法だと言えるでしょう。産婦人科では、サプリメントを処方する前に健康診断を行います。その上で、体質に合わせたサプリメントを処方してくれるので、安全性が高いです。

飲み方のアドバイスも的確に行ってくれますし、妊活中の過ごし方についてもアドバイスしてくれるので、何かと便利です。できれば、夫婦で一緒に産婦人科を訪れる機会を作れれば、より充実した妊活ができると思います。

葉酸は食生活での摂取は難しい

葉酸は、食生活で摂取しようと思えば、できないことではありません。葉酸が含まれている食材といえば、ほうれん草をはじめとした「緑黄色野菜」です。ところが、葉酸は、「食材を加熱すると一気に消滅してしまう」という難しさがあるので、食生活で取り入れるよりは、サプリメントを使った方が確実となっています。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事